Junko.Watanabe のすべての投稿

呼吸と美肌

FullSizeRender

オフィスの本棚にある過去の資料を整理していたら、こんなのが出て来た。3〜4年前の講座のものだと思います。

「呼吸と美肌」

つい先週末に、ジュノスタイルで島村佐知子先生の「陰ヨガと呼吸」のワークショップをやったばかりですが、私も過去に呼吸と陰ヨガを絡めたワークショップはよくやりました。特に、秋。何故秋なのかは、五行のセオリーを知っている人ならわかるよね(^^)v

続きを読む

陰にたどりつくことからスタートしたいメディテーション

20170623_170624_0001

『メディテーションのための陰ヨガ』を神戸にて開催しました。このワークショップは、京都からスタートして、東京も含めて合計4カ所で行っています。毎回、ちょっとずつぐっと深くなっている気がします。
私のメディテーションの勉強が日々深まっていることから、陰ヨガとの繋がりがもっとコアになってきているのだと思います。 続きを読む

皆のヨガにリスペクトを

20170623_170624_0009
メディテーションを学んでいます。そのメディテーションのひとつに、他に愛と慈悲の心を送るメディテーションがあるのだけど、皆のヨガに対してリスペクトすることも、これに通じるんじゃないかなと思います。
続きを読む

キラキラを輝かせる”キラキラしていないもの”

FullSizeRender-19

キラキラしている!

たまに、言われます(^^;
でも、私自身は、自分であまりそうは思ってないです。キラキラしてないところもたくさんあって、失敗に打ちのめされているときもあるし。ただ、立ち直りは早いので周りに見せる暇はないかもしれけど・・・(^^;
続きを読む

〈タイ・プーケット〉マインドフルネスリトリート—早割は6月末まで!

retreat_11

2月のブログ「〈タイ・プーケット〉渡辺純子のマインドフルネスリトリート」でもご紹介した10月にタイのプーケットで行う私のリトリートのご案内です。

早割が6月末ですので、迷っている方は、是非早めにお申込みくださいね。

ヨガをしにいく!

というより、
続きを読む

私の朝活!

FullSizeRender

最近、「◯活!」っていうのが好きです(笑。
中でも、かなりのペースで実行できているのが、

朝活!

です。True Natureで朝のメディテーション・ベーシックを担当するようになってから、朝は早起きが基本になりました。大体5時〜5時半に起きちゃう(^^)v 続きを読む

内側からのキレイに発酵食!

6

昨年の夏の終わりごろからダイエットをしていて、9ヶ月くらい経った今、7キロ減に成功しました。陰ヨガで気血を流すことをして体内の巡りを整えたり、アロマセラピーで睡眠の質をアップさせたり、陽ヨガやヨガ以外のエクササイズで脂肪燃焼させたりしてますが、腸内環境を整えることも私の現在のライフスタイルのトピックになっています。

内側からのキレイがほしいから。
続きを読む

やっぱり、アメリカ人が好きなのか

IMG_3423

昨日、メディテーションの師であるDavid先生のワークショップを受けてきました。「台風の目」と題した講座は、「何故に、台風の目?」と思ったのですが、なるほど、その謎が講座の中で解けました。

陰ヨガを追求してきたらメディテーションにたどり着いた私ですが、”心の筋トレ”であるメディテーションは、ヨガの域を出たところにありました。しかし、メディテーションをするのは、この私のカラダ。つまり、ちゃんと姿勢を整えて座るということが大切なのは何度も言っている通りです。
続きを読む

神戸で”メディテーションのための陰ヨガ”をします–6月23日(金)

MEDITATION
陰ヨガの特徴は、静止をしながら数分間ポーズをとることです。動きがないヨガであることが、陰ヨガの大きな特徴ですが、この”静止をする(止まる)”という行為が座るメディテーションに大きな意味を与えます。
現代人は、忙しい生活や人間関係のストレスの中、穏やかな気持ちで静かに落ち着くことがとても難しいのが現状です。何かをしようとするときは、意図を持ち、自分の気にいる結果を求めてしまいがちです。

”何もしない”時間を持つことが苦手なライフスタイルを送っている人は多いのではないでしょうか。

続きを読む

皆の”頑張る”を応援します!–日曜の陰ヨガクラス始めます–

FullSizeRender

日曜日の陰ヨガクラスが今月からスタートします。八丁堀のJunostyle Studioが出来たのを機に日曜日にも陰ヨガクラスを入れたり、月の最後の金曜日”プレミアムフライデー”として、夜に陰ヨガクラス開催したり。今までできなかったことをスタートさせています。

続きを読む