陰を持つというのは、自分を持つということ

FullSizeRender-14

いつも言っているのことですが、

陰ヨガは、それだけで完成形ではないです。だって、陰と陽の融合が完成だから。でも、じゃあ、なんで陰の極に到達するように”緩める”や”脱力”をしていくの?
・・・・それは、陰だけを見つめる時間と空間を持つことが、とっても価値があるから。陰だけを見つけることで、調和している中では発見できなかった気づきがあるからです。

続きを読む

教えることで学ぶこと

FullSizeRender-4

昨日で6セッションあった「陰ヨガ養成講座-アドバンス-」が終わりました。こちらは、引き続き継続して開催していきたいと思っています。プラクティスに来てもらうことで、体をアジャストしたり修正することができますし、午後には解説もできて、私の陰ヨガを密に伝えていくことが出来るので、先生を養成するという場においては、私もとても好きな時間です。

続きを読む

今しかできないもの

FullSizeRender-3

先週、怒濤のメディテーション講座が続きました。講座は、自分が勉強しているときは、気楽に行けばいいから気持ちは楽だけど、新しいことを聞いたりインプットしたりする行為は、とてもエネルギーを使います。1日終わるとどーっと疲れがでてしまう。しかし、今回も、David氏の講義はとてもぐっと来るものがあって、私のこころに刺激を与えてくれました。 続きを読む

名古屋で陰ヨガワークショップした週末のお話

FullSizeRender-6

雪の降る土曜日に、名古屋で「陰ヨガワークショップ」をしてきました。午前と午後とも満員御礼でして、皆さん、雪の中ご参加くださり、本当にありがとうございました。

私は、名古屋までその日の午前中早めに新幹線に乗り、のんきにご飯を食べて帰ってきましたが、帰りの新幹線は75分遅れとなり、家に着いたのは夜中の0時を過ぎました(^^;
楽しい1日でした。

続きを読む

2016年の仕事納めは”音と陰ヨガ”

fullsizerender-3

Quiet Timeの野村賢吾くんとの「音と陰ヨガ」のコラボ。2016年の仕事納めとなりました。このワークショップは、私はゲストとして呼んでもらっていたので、すべてKengoくんに進行はお任せ(^^)
続きを読む

自分をもっと大切に・・・

fullsizerender-11

「純子先生には幸せになってもらいたいので、自分を大切にしてください。グラウンディングだけは忘れないでね。」

こんな内容のメッセージだったと思います。言葉というより、その前後の文脈からの流れで伝わってくるエネルギー感がたまらなく優しかった。
続きを読む