講師登録
コラム一覧へ戻る

Junostyleの「春の陰ヨガ」

自然な流れに沿ったライフスタイル

中国最古の医学書「黄帝内経」によれば、陰陽五行の変化と循環の中で、季節ごとの気の変化に応じたライフスタイルをもつことが、健やかな日々のために大切なことです。四季は、四気の変化の現れです。四季折々の色を変える自然は、天と地の気の動きが変化して止まないということ。私たちの健康維持にとって、この自然の変化に順応したライフスタイルを送ることが大切だと説いています。

春は塞いだりせずに、伸び伸びと過ごす時期

春は塞いだりせずに、伸び伸びと過ごす時期「黄帝内経」によると、立春から立夏までの3ヶ月間を「発陳(はっちん)」といいます。すべてのものが芽生える時期です。生き生きと発生し、繁栄しようと動き始めます。春にもつべきライフスタイルは、夜更かしをすることなく早く寝て、朝は早く起きて、急激な労働をしたりせず、軽く歩く程度に動くこと。髪は縛らずに解き、服もゆるりとしたものを着ること。精神的には、冬の間に奥にしまって温めておいた志を起こし、塞いだりせずに、伸び伸びとさせてあげること。自然界の陽気を発生させる気の動きに合わせ、私たちの体内からも、心の内からも、陽気を発生させ、大事に育てる時期なのです。

この流れに背くと、春に活動が高まる肝気が傷みます。すると、夏に寒がる病(寒性の病)にかかりやすくなります。春にうけた傷害が原因で、夏に必要な成長の気が養われないからです。

巡りを促す「春の陰ヨガ」

Junostyleでは、カラダを巡る気に注力して、季節に応じた陰ヨガプラクティスをご紹介しています。「春の陰ヨガ」は、ストレスにさらされやすい現代人の心身を、できるだけ伸び伸びした状態に戻せるようなプラクティスです。冬の寒い時期は、動物が冬眠するように、深い地中に気を溜める行為をします。発生し、芽吹くための気を蓄えているのです。この充分に満ちた気を、少しずつ春の陽気とともに巡らせるためには、カラダを開き、気持ちや感情を伸び伸びさせてあげることが大切なのです。

渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。Junostyle~自分らしい自然なライフスタイルを探す旅~というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰のあるライフスタイル」を提案。特に、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。指導者養成にも積極的に取り組む陰ヨガ講師。

  • 現在、シンガポール在住。
  • 全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
  • 渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/