講師登録
コラム一覧へ戻る

心を癒すJunostyleの陰ヨガ

Junostyleでは、「陰(いん)のある生活」を提唱しています。「陰」とは、リラックス、回復、治癒、滋養、補充という意味があり、体の疲れを癒すことや、心をほっこり温かくすることなどを指します。「病は気から」と言われるように、ヨガやアロマセラピーなど代替医療の分野では、体を休めること以上に、心が癒されバランスがとれた生活を送ることが、ストレス社会における心身の健康を保つ秘訣と考えられるでしょう。


ストレス社会に打ち勝つための心の治癒力

ヨガがもたらす健康は、自然治癒力を保つことです。私たちの心身は、リラックスする時、気血水の巡りがよくなり、自然治癒力が働きます。中医学では、体と心に両方において、正気(免疫力)が邪気(病気)に勝っている状態と捉えます。特に、ポーズを静止して行い、深いリラックスを促す陰ヨガの場合、副交感神経を優位にしやすく、心のバランスを整える助けとなるでしょう。
現代人の不調の特長は、ストレスなどにより、冷え、不眠、慢性疲労、月経不順、不妊、更年期障害など、病気とは診断されないものの健康ではない状態にあることです。人体は、気(エネルギー)によって、恒常性維持、代謝、回復、睡眠、免疫など生命活動を行っていますが、この気を補充するモードへ心身を導くのが、陰陽論でいうところの陰の働きです。つまり、ストレス社会を上手に生きていくためには、いかにこの陰の質を保ち、心の治癒力を持つかが大切なのです。


心を癒すJunostyleの陰ヨガ

Junostyleの陰ヨガは、そのプラクティスの特長から、心身の陰の質を最大限に高めようとする陰ヨガです。筋肉の緊張を解くことで、できるだけ陽の要素を少なくし、陰の極に向かっていくその方向性を大事にしています。これを「陰の概念に忠実な陰ヨガ」と定義しています。グラウンディングを促し、地に向かう気の流れを土台にすることから、より心へアプローチができるセラピー的な要素を持っていると言えるでしょう。


渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。陰(いん)ヨガ指導者。
Junostyle~自分らしい自然なライフスタイルを探す旅~というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰(いん)のあるライフスタイル」を提案。
とくに、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。講師養成にも積極的に取り組んでいる。
現在、シンガポール在住。全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/