講師登録
コラム一覧へ戻る

デトックスを促す陰ヨガ

こんにちは。渡辺純子です。
2018年3月の陰ヨガのテーマは、「デトックスを促す陰ヨガ」です。

デトックスとは、“出す力”のこと。
浮腫み、尿が出ない、汗をかきにくい、便秘などは全て出す力の低下です。 体内の気は、巡って要らないものは外へ出す働きをしますが、現代人の“デトックスができない”という症状は、巡りの悪さが原因となっているのではないかと多々感じる時があります。

春に欲しいのは、デトックスの力

春は、デトックスをしっかりしたい時期。冬に溜め込んだものを巡らせて出すこと。
冬は、エネルギーを貯める時期で冬眠をするのですが、エネルギーなど必要なもの以外に老廃物も溜め込んでしまうので、春には要らないものをしっかり出すことが大切です。

巡りをつかさどるのは、五臓でいうと肝(かん)です。巡らせ出す役割があります。
しかし、ストレスがかかると、その気の巡りは塞がって流れなくなったり、寝不足により心身が興奮して落ち着きのない状態になると、肝の働きが悪くなり、巡りが邪魔されます。
すると、デトックスが上手くいかず、老廃物が体内に溜まってしまうのです。肌も内臓も健康でなくなります。とくに血(けつ)のデトックスは体の健康にとって大切なこと。 身近なことでいうと、尿を出すことです。中医学の観点からも、栄養と潤いを運ぶ血をきれいにすることは、健康維持に欠かせないこと。さらに、その役割をするのが肝ですので、肝にストレスを溜めずに、肝気の巡りを自由にさせておくことが大事なのです。具体的には、ストレスの解消方法を持つこと、リラックスする時間と空間を持つこと、十分に睡眠を取ることなどです。

女性の生理も大切なデトックスのひとつ

身体から血が直接排出されるということは、直接的な“血のデトックス”です。 血から作られる尿と同じです。毎月女性の体はデトックスしているのと同じ。だから、月経を整えるというのは 女性にとって健康維持のために大切なことなのです。月経の周期、月経血の色や状態、 月経前症候群(PMS)も肝気の巡りと関係しています。イライラ、腹痛、頭痛などの痛みも巡りが塞がっている状態です。 デトックスの力が低下してるなという女性は、是非、春のこの時期に月経を整えて、もう一歩健康になってみましょう。


渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。陰(いん)ヨガ指導者。
Junostyle~自分らしい自然なライフスタイルを探す旅~というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰(いん)のあるライフスタイル」を提案。
とくに、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。講師養成にも積極的に取り組んでいる。
全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/