講師登録
コラム一覧へ戻る

2015年7月の陰ヨガ:夏の元気は“食欲”から

Junostyleでは、毎月テーマに沿って陰ヨガをご紹介しています。
「今月の陰ヨガ」7月のテーマは、「食欲と健康」です。

ベーシック&アドバンス:「ドラゴン2を深めてみよう!」
経絡シリーズ:「夏の元気を保つ陰ヨガ」

股関節の柔軟性と姿勢の改善

ドラゴン2は、「キツい!!」という人と、「気持ちいい!!」という人に、好みが両極端に分かれるポーズです。 初心者さんには少し難しいかもしれませんが、股関節の柔軟性をアップさせたい!という方には、とても効果が期待できるポーズのひとつです。 股関節の柔軟性が増すことで下半身の可動域が広がり、その結果、運動能力が高まります。 ランニングなどの股関節の柔軟性を必要とする運動をされている方には、体のメンテナンスに、是非取り入れてほしい陰ヨガポーズです。

さらに、股関節の柔軟性は、骨盤をただし姿勢の改善にも繋がります。 正しい姿勢は、気の巡りをスムーズにし内臓の健康を保ちます。夏の季節に、むくみや肥満、胃の不調でお悩みの方にはオススメのポーズです。


夏の元気は“食欲”から!

当たり前のことに思いますが、ご飯が美味しく食べられるかどうかは、内臓の健康のバロメーターです。 中医学では、体の健康を維持するための栄養を摂取するには、消化活動が正常であることが大切と言います。 つまり、健康の第一歩となります。夏は、湿度が高く、湿気を嫌がる胃にダメージを与えやすいのです。 だから、夏こそ食欲を大事にしたいのです。 胃は、ドライな状態を好みます。食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、 胃に負担が大きい食べ物を摂取しすぎると、消化に時間がかかったり、消化不良となり湿度が多い状態になります。 胃もたれ、食欲不振となって表に現れますので、食欲は健康のバロメーターとして分かりやすい指標になります。 経絡学説によると、消化のエネルギーが最も働く時間は午前中です。だから、朝ご飯をもりもり食べることが元気の秘訣となります。

渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。Junostyle~自分らしい自然なライフスタイルを探す旅~というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰のあるライフスタイル」を提案。特に、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。指導者養成にも積極的に取り組む陰ヨガ講師。

  • 現在、シンガポール在住。
  • 全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
  • 渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/