講師登録
コラム一覧へ戻る

秋のアロマセラピー:乾燥肌ケアのためのキャリアオイル

こんにちは。
渡辺純子です。

秋になると、お肌の乾燥が目立ってきます。特に乾燥肌の人は、悩ましい季節です。
乾燥肌を予防するには、潤いを補う食材を積極的に取り入れて体内からケアする方法の他に、アロマオイルを使って、外側からケアする方法があります。

キャリアオイルを工夫しよう!

乾燥が酷くなったときに、私が気にしているのが植物油(キャリアオイル)です。精油(エッセンシャルオイル)は、原則、直接お肌につけることはしません。だから、ブレンドオイルなどマッサージ用のオイルを作製するときは、植物油で希釈(きしゃく)します。この植物油は、種類がいくつかありますので、季節や気候に合わせて選ぶことができます。秋の季節には、粘度の高い、乾燥肌に向いたものを使用します。


乾燥肌にはマカダミアナッツとアボカドがオススメ!

まず、マカダミアナッツ油。普段は大体スイートアーモンド油を使いますが、そのうち半分をマカダミアナッツ油にしたり、100%マカダミアナッツ油にしたり、そのときの乾燥度に応じて調整します。吸収性がよく伸びやすいので、お肌を柔らかくしてくれて、ツヤを取り戻してくれます。酸化しにくい点も長所です。

また、とっても、乾燥がひどいときは、アボガド油を1/5〜1/4くらい入れます。森のバターを言われ、栄養価が高いアボカド油は、食用油にも使われますが、アロマセラピーでもよく使用されます。しわ予防も期待できることから、老化予防にもなります。

キャリアオイルは、そのままでも使用できるので、特に精油をブレンドしなくても、そのままお肌につけてマッサージしても大丈夫です。

渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。陰(いん)ヨガ指導者。
Junostyle〜自分らしい自然なライフスタイルを探す旅〜というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰(いん)のあるライフスタイル」を提案。
とくに、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。講師養成にも積極的に取り組んでいる。
全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/