講師登録
コラム一覧へ戻る

春の肩こり緩和のアロマブレンド

こんにちは。
渡辺純子です。

春になると暖かくなってきてワクワクする一方で、花粉や色々なものが風で舞い、軽いアレルギー症状がでるのが嫌ですね。花粉症ではないのですが、目が若干痒くなったり、お肌が乾燥したりと顔周りに不調がでます。
また、肩や首の凝りも発生しやすく、これらの症状から中医学でいうところの風邪(ふうじゃ)に侵されているなと感じます。

風邪とは、春に無差別に吹く風が体内のエネルギーのバランスを崩すこと。特に、肩や首などの凝りと関係している五臓である肝(かん)のバランスを崩します。だから、この時期の肩凝りには、肝を労ることが最重要です。

風邪対策には、“ゆるむこと”が大切。自分なりのリラックスできる空間や時間を創造することです。

中医学では、凝りと血と肝は、密接に関係していると考えます。凝りは血の滞りと捉えますが、体内に十分な血が保存されていることが必要です。血は、肝に保存されていますが、この血の量が減少すると風邪を生みやすくなるのです。そして、血の保存には、リラックスの時間と、質の良い睡眠をどれだけ取れるかがキーなのです。

体をゆるませることで、血流が戻り、凝りの改善を身体面から支えます。また、精神的なリラックスをすることで、副交感神経が優位となり、忙しい現代人の自律神経のバランスを整えてくれるでしょう。

“ゆるむ”を助けてくれるアロマブレンドです。肩こり用のマッサージオイルです。また、お部屋に香らせたり、ティッシュに垂らして枕元に置いたりしてもいいです。

スイートアーモンド 20ml
ベルガモット    3滴
ラベンダー     3滴
ユーカリ      2滴

自然の抗うつ剤とも言われるベルガモットをブレンドします。ベルガモットは、疲労が溜まっているときなどに、睡眠の質をアップさせるため、私もよく枕元に使います。ラベンダーも“ゆるむ”をサポートします。“冷ます“と””潤す“もサポートするので、風邪や熱邪のケアにも最適です。ユーカリをブレンドしているのは、滞った気の巡りを助けるためです。呼吸器にも働きかけて呼吸を促すことで、血流改善をサポートします。是非、お試しください。癒される香りです。

渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。陰(いん)ヨガ指導者。
Junostyle〜自分らしい自然なライフスタイルを探す旅〜というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰(いん)のあるライフスタイル」を提案。
とくに、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。講師養成にも積極的に取り組んでいる。
全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/