講師登録
コラム一覧へ戻る

カラダの意識を高める陰ヨガ

こんにちは。渡辺純子です。

2016年10月の陰ヨガのテーマは、「カラダの意識を高める陰ヨガ」です。


自分の心身に“気”を向ける時間はありますか?

気の持ちよう、病は気から、気持ち、気分、気兼ね、など気をいう言葉が日本語に沢山あるように、目に見えない“気”を意識することは、日本人である私たちにとっては身近なことです。しかし、多くの人が、忙しい毎日の中で、自分の心身に“気”を向ける時間をなかなか取れないでいるように思います。

私は、ヨガをするときは、意識したいカラダの部位に呼吸を送り込むようにしています。呼吸が入っていくイメージをすると、カラダが内側から変わっていくのがわかります。端から見たら何も起こってないように見えますが、注意深くカラダを観察してみると、内側ではいろんなことが起こっていることに気がつきます。意識をしたり、イメージをもつことで、カラダは変わっていくのです。だから、“気”を向けることは、とても大切なことです。


ヨガは、自分を深く観察するツール

ヨガの役割は、日常生活をよりよくするために、自分自身をじっくり深く観察し、自分を理解して知っていくことです。そのツールとして、カラダを使って、呼吸を感じて、そして、静かに座り、落ち着いた集中力を持ちます。特に、陰ヨガは、静止をしてポーズをとっていくので、内観が苦手な人や初心者さんでもカラダに意識を向けやすいヨガでしょう。関節にアプローチをするので、カラダの深部の巡りが改善されて、自然とカラダの奥に意識が向かっていきます。

10月は、カラダとココロに意識を向けながら、自分のことを見つめて知っていくプラクティスをしていきます。カラダへの意識が高まることで、健康への意識、落ち着き、集中力、バランス感覚などを養うことができるでしょう。


渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。陰(いん)ヨガ指導者。
Junostyle~自分らしい自然なライフスタイルを探す旅~というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰(いん)のあるライフスタイル」を提案。
とくに、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。講師養成にも積極的に取り組んでいる。
全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/