講師登録
コラム一覧へ戻る

陰ヨガとは?〈左手のメロディ〉

陰ヨガ指導者養成講座などで、陰ヨガを説明する際によく説明している例です。

陰ヨガとは、ピアノでいったら左手のメロディのこと。

左は“陰”だとしたら、右手が“陽”です。主旋律を引いているのは、太陽の光があたり、明確に見えたり、聞いたり、触れことができる様を表す“陽”の右手。“陰”の左手は、その主旋律のメロディを支えるベースです。

当然、音楽のハーモニーは、両手が揃わないと完成したメロディになりません。音楽を習っていたことがある人ならわかると思いますが、最初は、丁寧に片手ずつ練習をスタートします。大雑把に両手で弾いて、すぐに結果を求めようとするのではなく、右手の主役のメロディと、左手のベースのメロディをじっくりそれぞれ練習することで、各メロディを吟味します。すると、完成したメロディが深みのある完璧な音楽となります。

ジュノスタイルが提供している陰ヨガは、この左手だけを取りだして、左手のメロディを吟味してみようという陰ヨガです。だから、最終的に両手で弾く際には、既にベースの音のことがわかっているし、どのように弾いたら右手のメロディが引き立つかもわかるのです。つまり、“陽を支える陰”を意味します。陰は、縁の下の力持ち。

陰を理解するからこそ、陽の理解の幅が拡がります。さらに大事なことは、陰がないと陽が存在できないということです。陰に混ぜ物をせずに、陰が極まるまで陰を味わうのがジュノスタイルの陰ヨガです。強い根っこを生やすように、揺るぎない土台づくりをすることと、陽の輝きをさらに素敵なものにするために行う陰ヨガです。


渡辺純子

株式会社ジュノスタイル代表取締役。陰(いん)ヨガ指導者。
Junostyle~自分らしい自然なライフスタイルを探す旅~というコンセプトのもと、陰ヨガ、アロマセラピー、食を通して「陰(いん)のあるライフスタイル」を提案。
とくに、女性のライフスタイルのバランスを追求し、日本全国やアジアで陰ヨガのワークショップを行っている。講師養成にも積極的に取り組んでいる。
全米ヨガアライアンス認定講師・英国IFA認定アロマセラピスト。
渡辺純子のブログ:http://junostyle.jp/ownerblog/