シンプルな気持ちいい陰ヨガを目指して

IMG_7106

先月から、セミプライベート的に3名のスモールグループで1時間ほどの陰ヨガレッスンをここ新潟でスタートしました。月2回のゆったりペースの陰ヨガですが、3回目にして、かなりの変化を見せている3名の女子グループです。

皆さん「ヨガは初めて」という人たちばかり。年齢は50代です。幾つになっても身体は変わるなって改めて思いました。思い立ったが吉日。コロナ禍で運動不足の方もいると思います。ヨガは心も休まるので、今のご時世にぴったりと思います。これを機に始めてみてはいかがでしょうか。 続きを読む

陰ヨガの先生の在り方

IMG_6660

最近、私の陰ヨガ養成講座を受けて、その後先生をしている人たちのSNSなどの投稿や実際にお話してくださる内容に感銘を受けることが多いです。先日のブログ記事「陰ヨガをやっていてよかったこと」に書いたように。

今日は、宇治京都で先月の頭に行った指導者養成講座<ベーシック>で主催してくれた恵美さんの言葉についてご紹介したいと思います。実は、もっと早く記事にする予定だったのですが、色々感じたことがあってどんなふうに記事をしたためようか迷っていて時間がかかってしまいました。 続きを読む

”好き”が生み出す本物

IMG_6680

コロナの影響で3月から延期になってしまっていた<宇治京都>陰ヨガ指導者養成講座-ベーシック-が無事終了しました。今回は、2週連続の土日を使っての4日間でした。マスクをしたり、消毒したり、ソーシャルディスタンスを開けたりして感染予防に注意しながらの講座でしたが、皆さんのご協力のもと、とても有意義な講座ができました。 続きを読む

【京都宇治】7月陰ヨガ養成講座-ベーシック-会場変更です

image1

京都宇治で7月開催する予定の陰ヨガ指導者養成講座<ベーシック>は、会場変更をします。
そもそも、この講座は3月に行う予定でしたが、新型コロナウイルスのため7月に延期となり、土日を使って2週連続開催することになりました。ただし、緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ予断を許さない状況ですので、会場をもっと広い場所へ変更することになりました。 続きを読む

6月!そろそろ活動スタート

IMG_0173

冷え性改善しようと言いながら、こんなことしています(^^;
暑くなってきたから・・・ドライブ途中に海に近いアイス屋さんで。今日のフレーバーは、ほうじ茶とはちみつ。

この日は、天気がすごく良くて、半袖で過ごしました。アイス屋さんの隣にヨガスタジオがあるんだけど、インド系の資格が取れる養成講座をやっていて、エントランスの壁に講座の集合写真が貼ってたあったの。ふっと見ると、知ってる人が写ってた(笑。 続きを読む

資格ブーム

IMG_8449

巷には、ヨガアライアンス200時間をオンラインで取れるよ!っていう講座があるらしいです。たまたま受けたいという人から相談されて調べてみたら、、、びっくり!!先生との対面も十分になし(多分、後からスクリーリングなどがあるんだろうけど・・・足りないと思う。)、当然アジャストもしてもらえないし、先生に細かいところをみてもらって”教えるスキルを取得するのに必要なプラクティス”を深めないで、どうやって教えるレベルを達成できるのだろうか。。。

ヨガはそんなに甘くない!

新しい生活様式だからといって、何でもかんでも、オンラインに載せればいいというものじゃないと思います。 続きを読む

私、やりきりました!

IMG_8916

八丁堀のスタジオのお引っ越しが完了しました!

ボルスターに、マットに、ブロックに、、、と丁寧に車に詰めて、スタジオを空にしました。カーテンを取ったら、一段とスペースが出来て、改めてこのスタジオは広めだったなって思いました。 続きを読む

緩むこと

IMG_5510

の陰ヨガ指導者養成講座<ベーシック>では、4日間の実習の後、課題としてレポート提出をしてもらっています。皆さんとっても頑張って書いてくれていて、いつも楽しく読ませてもらっています。皆さんから

「そんな視点もあるのか!」

と、私の方が勉強になることもあります。

過去のレポートの中で、とてもグッときたものがあったので、このブログにてご紹介します。真っ直ぐ伝わるように、原文そのままの言葉をコピーします。 続きを読む

<Junostyle>八丁堀スタジオクローズのお知らせ

IMG_2279

Junostyleにメンバー登録&メルマガ配信を希望されている方には、既にご報告しましたが、3年間継続してきた八丁堀のスタジオを、4月末目処にクローズすることに致しました。

私事ではありますが、昨年の秋以降ライフスタイルが変わり、東京以外にも生活の拠点が出来たことで、今までのように120%スタジオの運営に最適な力を注ぎにくくなったからです。 続きを読む